TEL:049-274-5418

診療時間
月〜金 9:30~13:00 14:30~20:00
土日祝 9:30~13:00 14:00~18:00

入れ歯

今の入れ歯で満足をしていますか?

入れ歯(義歯)治療は、抜けてしまった歯の機能を補う最もポピュラーな治療法です。
「噛みにくい」「食べものが挟まって痛い」「違和感がある」など、あまりいいイメージを持っていない方も多い入れ歯ですが、現在は研究開発が進み、使いやすく食べものの温度や味を損なわない高品質のものが豊富にあります。
保険診療のベーシックな入れ歯だけでなく、自由診療を選んで費用をかければ優れた素材を選ぶことができ、ぴったり合う理想的な入れ歯が手に入ります。

当院の入れ歯治療は、この様な方におススメです!

  • 入れ歯がゆるくて噛めない
  • 入れ歯が動いて痛い
  • 人前で口を開けて笑うことが出来ない
  • ステーキやお煎餅など、硬いものが食べれない

当院の入れ歯治療

ノンクラスプデンチャー

金属のバネ(クラスプ)を使用しない入れ歯(デンチャー)です。通常、部分入れ歯には周りの歯に固定するための金属のバネが付いていますが、この金属のバネをなくすことで審美性を高め、隣の健康な歯に負担をかけません。また、薄くて軽く金属アレルギーの心配もありません。今まで人前で口を開けて笑えなかった方も、スマイルデンチャーにすれば笑顔に自信が持てます。

金属床(チタン床・コバルト床)

歯肉に接触する部分(床)が金属でできている総入れ歯です。薄い造りで違和感がなく、床が金属製のため食べものの味や温度がはっきりと伝わります。強度が高いため壊れることはほとんどありませんが、修理しにくいというデメリットがあります。

保険内の入れ歯

保険の入れ歯でも患者様の状況に合わせて作成をします。しかしながら、自費の入れ歯に比べれば、やはり性能という部分では劣ってしまいます。

区分 保険診療 自由診療 自由診療 自由診療
名称 レジン全部床 金属全部床(コバルト) 金属全部床(チタン) ノンクラスプデンチャー
材質
合成樹脂

合成樹脂と金属

合成樹脂と金属

合成樹脂
快適さ
違和感がある

床が薄くできる

薄い・軽い・金属味無し

床が薄く軽い
耐久性
壊れやすい

壊れにくい

壊れにくい

壊れにくい
熱伝導性
温冷がわかりにくい

温冷がわかる

温冷がわかる

温冷がわかりにくい
PAGE TOP