TEL:049-274-5418

診療時間
月〜金 9:30~13:00 14:30~20:00
土日祝 9:30~13:00 14:00~18:00

  お口のお話し第47話 生え変わりの時期のトラブルについて

お知らせ

お口のお話し第47話 生え変わりの時期のトラブルについて

お口のおはなし

乳歯から永久歯の生え変わりのトラブルについて

乳歯から永久歯の生え変わり

乳歯は生後6か月頃から生え始め、

2歳半から3歳半くらいで上下左右5本ずつ、計20本が生えそろいます。

そして最初の歯が抜けかわるのは6歳前後で

下の前歯からグラグラし始めることが多いです。

 

身体の成長にともなって顎も成長し、

6歳頃から12歳頃にかけて「乳歯」から「永久歯」へ生えかわります。

生えはじめたばかりの歯は未完成で、 やわらかく酸に溶けやすいため、簡単にむし歯になってしまいます。そのためユナイトみよし歯科では定期的なフッ素塗布により、

歯の強化を行っています。

永久歯が生え揃うと、咬む力が強くなり、

いろいろな食べ物を上手に食べられるようになります。

3大臼歯(親知らず)は生えない人もいますが、1721歳と最も遅く生えてきます。

永久歯へ生えかわる仕組み

①顎の中(乳歯の下)で永久歯のもとになる歯胚ができ、時間をかけて成長していきます。

②永久歯の歯冠部が完成し、

歯の根の部分が作られ始めると、乳歯の根を溶かす細胞が現れ、永久歯の上にある乳歯の根は少しずつ溶かされていきます。

③乳歯の根が溶けていくと、乳歯はグラグラになり抜け落ち、永久歯が顔を出します。

どんなトラブルがある?

・乳歯が抜けないうちに、大人の歯(永久歯)が生えてきた。

⇨下の前歯の後ろから永久歯が生えてきてしまうケースはよく見られます。

乳歯がグラグラしているようであれば自然に抜けて永久歯はだんだんに前に出てくることが多いです。

乳歯がグラグラしていない場合は早めに抜歯したほうがいいことが多いと思います。

また、上の前歯の後ろから永久歯がでてきてしまった場合は、かみ合わせが逆になってしまう場合もありますので少し注意が必要です。

矯正相談も無料で受けることができますのでぜひお声掛けください。

 

・乳歯が抜けたのに、永久歯が生えてこない

3か月程度であれば珍しいことではないのであまり心配される必要はありません。

しかし、永久歯がの存在がないことも考えられるので半年過ぎて生えてこない場合はレントゲンなどで確認が必要かもしれません。

 

なかなか乳歯が抜けない

⇨乳歯の抜ける時期は乳歯の生え始めた時期とも関わってくることが多いので、心配であればお子さまの乳歯が生え始めた時期が平均より早かったか遅かったかを確認してみてください。

 

お子さまの歯については生えかわりの順序やペースにはかなり個人差があります。

他の子は生えてるのにと不安な気持ちが大きくなると思いますが、定期的なメンテナンスにお越し頂き、不安点などを一緒に解決していきましょう!かかりつけの歯医者さんを作ることはお子さんのお口の中を管理する上でとても重要です。

 

順序よく生えかわっていて、平均と比較し前後2年程度であれば、ほとんどの場合は問題なく経過します。

ユナイトみよし歯科では噛み合わせ歯並び、磨き残しや仕上げ磨きなど他様々なチェックを行っています。なるべく不安を残さず安心して帰宅して頂きたいので質問や相談などありましたらぜひお声掛けくださいね(^^)

ユナイトみよし歯科 歯科衛生士 SH

PAGE TOP