TEL:049-274-5418

診療時間
月〜金 9:30~13:00 14:30~20:00
土日祝 9:30~13:00 14:00~18:00

  お口のおはなし 第83話 薬の影響で起こる顎骨壊死の発症リスクが高まるのは どんなときなの?

お知らせ

お口のおはなし 第83話 薬の影響で起こる顎骨壊死の発症リスクが高まるのは どんなときなの?

お口のおはなし

 

●歯科治療によるリスクはどんなときなの?
負担の大きな歯科治療である、歯を抜く治療、

インプラントの治療、歯ぐきを切る治療、

ならびに歯の根っこの先端を外科的に切除する治療は、
顎骨壊死を起こすリスクを高めます。

部位としては、粘膜が薄い部分で、触ってごつごつ

している上あごの真ん中や下あごの内側の出っ張り

(口蓋隆起、下顎隆起)で起きやすいといわれています。

お口の清掃状態が悪いことも顎骨壊死の

リスクとなります。

さらに、合わない入れ歯をつけていると、

入れ歯のせいでできた傷から
顎骨壊死になることもわかっています。

また、嚙みしめる力が強い方も

注意が必要だとされています。

つまり、日ごろから患者さんには歯、歯ぐき、

そして粘膜を含めた口腔環境を清潔に保つ努力を

していただくとともに、

私たちが行うプロフェッショナルケアを
受けていただくことが非常に重要なのです。

●薬を休んでもリスクは下がらないの?
服用されているお薬に、歯科治療で顎骨壊死を起こす

可能性があるのは事実ですが、とても低い確率で、

ほとんどの場合では起こらないため、

安心してくださって大丈夫です。

自己判断で薬の使用を中断しないようにしてください。
どうしても使用の一時中断が必要だと判断した場合は、

歯科医師から患者さんのかかりつけ医に

ご相談いたします。

顎骨壊死を起こすリスクがある薬は、BP製剤、

デノスマブ、ならびに血管新生抑制薬です。

薬によってもリスクはやや異なります。
特に注射製剤のBP製剤(ゾメタ)や

デノスマブ(ランマーク)、

血管新生抑制薬(アバスチン)を

使用している場合は注意が必要です。

一方、飲み薬のBP製剤や骨粗鬆症治療で使う注射製剤の

デノスマブ(プラリア)を使用している方の顎骨壊死の

発現頻度は限りなく0に近いため、

大きな心配はいらないと考えられますが、

注意はしておきましょう。

リスクは薬剤の使用期間とも関連しているようです。

アメリカでは4年以上の服用で顎骨壊死の発症リスクが

2倍になり、ヨーロッパでは36ヶ月以上の服用で

顎骨壊死のリスクが高くなると報告されています。

また、ステロイド製剤や抗がん剤などと

BP製剤を併用して治療を受けている場合、
BP製剤を単独で使用している患者さんよりも

顎骨壊死の起こるリスクがとても高いことが
報告されています。

●休薬は予防につながらないの?
薬剤の使用を中止しても顎骨壊死の予防には

ならないため、自己判断で使用を

中止してはいけません。
特に、デノスマブを使用している患者さんは、

中止すると数ヶ月後にはリバウンド現象が起こり、

薬剤を使い始めたころよりもさらに骨密度が低下して

骨折リスクが上昇するため、注意が必要です。

※治療を受けて1ヶ月が経過しても、痛んだり、

膿がでたり(嫌なにおいがする)、
腫れたりする場合には、すぐにご相談ください。

埼玉県入間郡三芳町藤久保855-403
ユナイトみよし歯科
歯科衛生士 H.K

PAGE TOP