TEL:049-274-5418

診療時間
月〜金 9:30~13:00 14:30~20:00
土日祝 9:30~13:00 14:00~18:00

  第36話 デンタルフロスについて

お知らせ

第36話 デンタルフロスについて

お口のおはなし

デンタルフロスについて

みなさんは正しくデンタルフロスを使えていますか?
日々の口腔清掃でよく使用する器具は歯ブラシですよね。
しかし、歯ブラシだけではお口の中の全てのプラーク(歯垢)を取り除くことは出来ません。
むし歯や歯周病の予防において歯と歯の間の清掃はとても重要なのですが、
歯ブラシの毛先では届きにくく、磨いているつもりでも磨けていないことが多いのです。
そんな歯間部の清掃に最適なのが『デンタルフロス』です!
しかし折角デンタルフロスも使用していても、
正しい使い方をしなければ歯垢を落とすことができず、
結局むし歯になってしまうということがあります。

〈 デンタルフロスの種類 〉

◎糸巻きタイプ
糸にも種類があり、ワックスタイプとアンワックスタイプがあります。
歯垢の除去により適しているのはアンワックスタイプですが、
初心者の方や補綴物などが多い方はワックスタイプの方が引っ掛かりが少なく使いやすいです。
◎ホルダータイプ
Y字型とF字型があります。
Y字型は奥歯に、F字型は前歯に使用しやすい形をしています。
また、糸がたわんでいるものとピンと張っているものがあり、
ピンと張っているタイプは歯間部に入れやすい分、
歯の丸い形に沿いにくい為清掃できる面積が小さくなり、
歯垢の取り残しが出てきてしまいます。
◎スレッダーつきフロス
スレッダーがついているので、ブリッジの部分に通すことができます。

〈 フロスを使うべき部分 〉

①歯間部(歯と歯の間)
②歯肉縁下(歯と歯茎の境目、歯周ポケット)
③インプラント
④ブリッジ
⑤子どもの仕上げ磨き

〈 デンタルフロスの正しい使い方とは? 〉

(糸巻きタイプ)
①フロスを30cm位に切り、両手の中指にフロスを巻きつけます。
②人差し指の腹にフロスをのせ、1~2cmの長さで使用します。
③前歯は口腔外の指を親指で、口腔内の指は人差し指で操作します。
 のこぎりを引くようにゆっくりと動かします。
④歯面に沿わせながら、歯肉溝の中まで静かに挿入します。
⑤歯面に沿って歯垢をかき上げるようにして除去します。
⑥同じ場所で今度は反対側の歯面にフロスを沿わせて歯垢を除去します。
.
フロスは歯に挟まった食べ物を取るだけの道具ではありません!
フロスは歯垢を取ることが第一の役目であり、
むし歯や歯周病を予防するためには欠かせないものなのです。
フロスを使う習慣がまだ無い方は是非始めてみてください!
使い方が分からない場合は、お気軽にご相談下さい。
デンタルフロス
ユナイトみよし歯科 歯科衛生士Y.K
PAGE TOP